FC2ブログ
フランスで見聞きする言葉、面白い表現、興味を持って調べた言葉や表現の背景などを、自分の勉強のためにメモしています
ワイン産地で開かれたワイン祭りにあったデコレーションである。



【続きを読む... Lire la suite 】



フランス語で酔っぱらっている状態、酔っ払いであることを表現する言い方には色々ある。
  • ivre
  • bourré
  • cuit
  • cuité
  • saoul
  • rond
  • éméché(ほろ酔いの)
  • paf
  • pompette
  • ivrogne
  • soûlaud
  • avoir un nez rouge
  • soûl comme un cochon
  • avoir un verre dans le nez


酔っぱらっていること、特にアルコール依存症の人に対する表現の中で、最も良く使われるのは「nez rouge」ではないだろうか?






日本でも、赤い鼻をしていると表現するだろうか?
日本人が酔っているときは、頬や目の回りが赤くなるように思うのだ。



日本人が書いているイラストで「酔っ払い」を検索してみた。鼻が赤いイラストもあるが、ほとんどは顔全体が赤くなっている。



しかし、日本でも「酒皶しゅさ)」と呼ばれる疾患があり、「酒焼け」とも呼ばれるらしい。


Zones touchées par la rosacée.


フランスでは、鼻が団子鼻のように赤くなっている人を見ているのが、日本では見たことがないように思う。鼻が高くないから目立たないのかも知れない。


酔っぱらっていることを示すジェスチャー

なぜ、このジェスチャーが酔っていることを示すのか不思議だ。ここでも、また鼻が関係してくる。

「Il est complètement bourré !」などと言いながら、こんなことをするのだ。


YouTube: GESTES et EXPRESSIONS INDISPENSABLES en FRANÇAIS

鼻の前に握りこぶしを当て、鼻をねじるように2回くらい動かす。なぜこのジェスチャーが酔っていることを示すようになったのかは、分からなかった。

さらに、「avoir un verre dans le nez」という言い方もある。ここでも鼻が持ちだされている。

鼻の中にグラスがある?!

これは単純に、グラスはアルコール飲料水を示し、それが多いと鼻が赤くなるから、ということらしい。



赤い鼻のピエロ

ピエロといえば、丸い赤い鼻を付けた姿が代表的な顔になっている。


L'auguste.

これも、ピエロが酔っ払いであるから面白いということなのだろうと思ったのだが、そうではないそうだ。

赤い鼻のピエロが生まれたのは、1869年のベルリンで行われたサーカス。ぶきっちょに転んで鼻が赤くなってしまったのを観客が大いに面白がって喜んだので、こういうピエロが定番になったということであった。

つまり、酒飲みピエロではなく、怪我で鼻を赤くしたピエロ、ということなのだ。

ちなみに、赤い鼻のピエロの名前はオーギュスト。ドイツ語で「愚か者」の意味があるとのこと。転んだピエロが面白くて観客が喜んだとき、オーギュストと呼んだからということだった。


鼻について書いた過去の記事(ブログ内リンク):

「赤鼻」と言われたら、私はクリスマスソングの「赤鼻のトナカイ」を思い浮かべる。このトナカイは、なぜ鼻が赤いのだろうかと思ってしらべてみた:
  赤鼻のトナカイ


にほんブログ村
コメント(ブログ管理者の承認後に表示されます)
この記事へのコメント
お鼻
酒皶鼻 こんな説があります
http://酒さ完治への道.com/alcohol/

ぼくもアセトアルデヒドが関与していると思うけど、、
体調不良でアセトアルデヒド脱水素酵素の働きが
不十分だと 不覚にも 顔が赤くなる

トナカイの赤鼻には こんな説が
http://siritaijoho.com/1908.html

ちなみに 団子鼻や鷲鼻 ブタ鼻など様々あるようですが
それも個性 ちっとも卑下することなどない のだ♪
http://news-kousatu.com/1692.html
2018/05/27 | URL | たかゆき [編集]
Re: お鼻
たかゆきさんへ

アセトアルデヒド脱水素酵素とは何なのか調べたら、疑問に思っていたことの解答が出てきましたので、本文中に情報リンクを加えておきました。

ほんの少し酒を飲んでも頬が桜色になる若い女の子は可愛いのに、私はかなり飲んでもそうならないので、ふてぶてしいようで嫌だなと思っていました。

ALDH2の働き方には個人差があって、活性型(NN型)だと顔が赤くならない。つまり、私はこのタイプらしい。

活性型の人は、黄色人種では50%程度なのに対して、白人や黒人ではほぼ100%なのだそう。確かに、フランス人より日本人の方が、酒を飲んだという顔になってしまうのが早いと観察していました。


鼻は顔の真ん中にあるので、どうしても目立ってしまうのでしょうね。フランス人も、やたらに鼻の形にこだわると感じています。

コンプレックスは持たないに限りますね。国によって、どういう形の鼻が好ましいと思われるのかも異なるのだし。

それにしても、赤鼻のトナカイさん。誇らしくソリを曳けるのは、1年に1回だけ。残りの日々は、クリスマスのことだけ思って暮らすのだろうか?...
2018/05/27 | URL | Deslys [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
password:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する